2010年10月25日

サイン 神さまがくれた、幸せの羅針盤

個人的に「読んで良かった」本ベスト10に入ります。


なんとなく思っていたことが確信につながった。

個人的感想はそんな感じ。






チャネラーの兄と弟、そして「神さま(兄の体を借りてしゃべる)」の3人が

登場人物。


花○をつけたい本でした。

1と2両方読むといいと思います。


ラベル:サイン
【関連する記事】
posted by おすすめ本 at 00:37| スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おすすめ本」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。