2010年11月12日

出稼げば大富豪

成功者。


どの世界にもいますが、

私が重視しているのは「他の人の役に立っている人なのか?」です。



成功者は実は「間接的」には、他の人の役に立っています。


「俺もああなろう」。

そう思える人には成功者の誰もが役にたっています。

では「野望を持ってない人」にはどうか?



雇用という点で世の中の役にたっている人もいるでしょう。



では「地域」という点では???


華僑。

彼らは「地域」の役にたっています。

それが彼らのやり方だから。



それを「日本人」がしたら?

和僑。



ではそれを「今実際に実現している人」がいたら???






彼です。

実際彼に会い、その地域の人達に話を聞いて、

誰しもが、「ボス」と慕う。


お勧め度☆10個。

生まれ変わっても読みたい本、現在ナンバー1です。

posted by おすすめ本 at 22:10| 成功者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

33歳で資産3億円をつくった私の方法



成功者の真似をする。
(なぞる)

これは成功への近道と言えます。



例えばスキー。

インゲマルクステンマルクのフォームを真似することは

「最速の滑り」に近づくということです。



例えばテニス。

フェデラーの真似をすることは

オールラウンダーに近づくということです。



ではビジネスでは???

松下幸之助さんの「心」を理解することは、

成功者への近道だと思います。



ここで資産構築。

ここが難しい。

つまり「すでにお金持ちのやり方」は一般の方にはできません。

何故か???

⇒原資がないから。



この本の著者は「一般的なサラリーマン」がスタート地点でした。

=具体的、かつ参考になる

わけです、一般の方にとって。






不動産投資、株、投信、為替、ネットビジネス。

これらについて言及し、活用方法を「彼の体験に照らし合わせて」

教えてくれます。



20代の頃から読みたかった本です。

お勧め度マックス。





タグ:資産
posted by おすすめ本 at 05:16| 成功者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

斎藤一人 絶対成功する千回の法則

読みました。

個人的に忘れないように書いています。

忘れてはいけないこと(自分用)

+─────────────────────────────+
口癖⇒つじつま合わす

努力しているうちは絶対お金持ちになれない
スポーツは努力

知恵を渡すと3倍になって
⇒知恵を分かち合わない=お山の大将でいたいという想いの
裏返し

運勢とは勢い⇒なんでも勢いよくやると運勢上がる

貧乏神は「ため息」「愚痴」「悪口」を食べて生きている
⇒それを口にすることがなくなると福の神がやってくる
+─────────────────────────────+



私的には

☆☆☆☆☆


理由

何度も読み返そうと思ったから。

そして。。。

1冊持っていて、読んだのに、もう一冊買ってしまいました。。。

⇒忘れていた。







というわけで2度と忘れないように、ブログで読書感想を

書こうと思ったわけです。

このブログを読むたびに読み返そうと(大切なポイント)

思います。
posted by おすすめ本 at 01:34| 成功者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おすすめ本」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。